社会福祉法人三次市社会福祉協議会

TOPページ >  サロン活動

サロン活動

ふれあい・いきいきサロン

社協における「ふれあい・いきいきサロン」への支援

① サロンの立ち上げや運営についての支援活動

サロンを開いてみたいという方は、ぜひご相談ください。

② ゲーム等、備品の貸出

様々な用具を貸出しています。

③ 出前講座

社協職員が講師となって福祉や介護に関する講座を行います。

④ 交流会の開催

⑤ サロンに関する情報のご提供

⑥ 傷害保険への加入受付

⑦ 活動費の助成

各サロンへ活動費を助成させていただきます。

助成の対象、金額等については以下のとおりです。

●助成の対象

  • 原則として年6回以上の開催頻度であること。
  • 65歳以上の高齢者、就学前の子育て中の親子、障がい児者のいずれかがサロンへ参加していること。
  • 参加者数は概ね5人以上とし、地域の規模や会場スペースに応じたものであること。
  • サロン参加者に対して、会費や参加費を無理のない範囲で徴収するなど、自主財源の確保に努められること。
  • サロンの開催に際し、当該地区自治会や地区社会福祉協議会、市社協と連携をとること。

●助成の金額および対象経費

  • 1サロン当たりの助成金額は、市社協の予算の範囲内で下表を上限とし助成する。
  • 助成対象の経費は、講師謝金、材料費、施設使用料、サロン保険料、茶菓子代等とする。
参加人数
(見込み)
単位サロン
基礎割り
参加人数
あたり
助成
上限額
5~10人 5,000円 8,000円 13,000円
11~15人 13,000円 18,000円
16~20人 15,000円 20,000円
21人以上 18,000円 23,000円

助成金についての詳細はこちらをご参照ください。

元気サロン

「元気サロン」を始めたい!立ち上げまでの流れ

手順①

「元気サロン」に興味を感じたら、地域のみなさんを集会所などに集める段取りをして、社会福祉協議会へ連絡を。

手順②

集まった場に「元気サロン立ち上げ隊」がおじゃまします。

皆さんとこれからの時代を知り、受け止め、私たちは何をするべきか?を考えます。

→ 『元気サロン』を一つの方法として提案します。

…もし、皆さんたちが「元気でいたい」「自分たちで元気サロンをやってみたい」と思えば③につづきます。

手順③

翌週、翌々週と、元気サロン立ち上げ隊がおじゃまし、体力測定、体操の伝達をして体操のDVDをお渡しします。

手順④

その後、週1回みなさんで集まり、体操を続けます。

手順⑤

3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に「元気サロン立ち上げ隊」が訪問します。体力測定やアンケートを通して集まってよかったことを確認します。

「元気サロン立ち上げ隊」とは

「元気サロン」立ち上げをお手伝いする人たちです。下記の団体から構成されています。

三次市内各機関所属のリハビリ専門職
地域包括支援センターみよし
三次市社会福祉協議会
三次市(高齢者福祉課・健康推進課)
福ろう

<お問合せ先>

三次市社会福祉協議会 地域福祉課

三次市福祉保健センター内

TEL:(0824)63-3340
FAX:(0824)62-6827

受付時間 8:30~17:30(土日祝除く)

TOPへもどる