>
>
地域福祉活動計画

地域福祉活動計画(第四次)

三次市社会福祉協議会

地域福祉活動計画(第四次)

 

平成28年度~平成30年度

~みんなでつくる みよしのふくし~

 

 三次市社会福祉協議会では、地域福祉活動計画(第四次)を策定しました。この地域福祉活動計画は「すべての人が住みなれた地域で、どのような障がいや支障があっても、安心して暮らせる地域づくり」を理念としています。

 三次市が「誰もが安心して暮らしやすいまち」になるよう、5つの計画の視点と4つの基本目標を掲げ、市民の皆さんと一緒にこの計画の事業を推進していきます。

 

基本理念

 「すべてのひとが住み慣れた地域で、どのような障害や支障があっても、

  安心して暮らせる地域づくり」

5つの視点

  「みんなのために」「みんなで参加」「みんなの声を」「みんなのまちを」「みんなでつくる」

 

4つの基本目標

  1 たすけあう

 ~共に助け合う「絆と結」~

  住民同士が共に助け合う「絆」

  や住民同士を「結」ぶ活動

 

 3 ささえる

 ~福祉を支える「援と安」~

  市民の日常生活を支「援」し、

  「安」心した生活を

  送れるまちをつくる活動

     

  2 ひろめる

 ~絆を広げる「和と輪」~

  福祉への理解と協力の「和」

  を広め、福祉の担い手の「輪」

  を広める活動

 

 4 ととのえる

 ~福祉の礎 人づくりと組織づくり「人と組」~

  社会福祉協議会の「人」材

   づくりと「組」織づくりの

  ための活動

 

 

※ 詳しくは、「地域福祉活動計画(第三次)」本編及び概要版をご覧ください。( クリック↓)

             

「地域福祉活動計画(第四次)」

      本編

(PDF) 

策定にあたって

目次

第1章 計画策定の背景(P.1~P.3)

第2章 計画の基本的な考え方

            (P.4~P.5)

第3章 基本計画(P.6~P.10)

第4章 実施計画(総論)(P.11~P.14)

             実施計画(P.15~P.42)

資料編(P.42~P.48)

      

「地域福祉活動計画(第四次)」

 概要版(PDF)←クリック            

 

 

ページトップへ