>
社協とは

社協とは?

 

社会福祉協議会とは

 

社協とは「社会福祉協議会」の略です。

社会福祉協議会(社協)は、社会福祉法第109条に基づき、地域福祉の推進を図ることを目的として、全国、都道府県、市区町村を単位に設置された民間団体です。
市民一人ひとりが主人公となる福祉のまちづくりを進めるため、地域の住民さんやボランティア、福祉・保健等の関係者、行政機関などの協力を得て、次のような事業を行っています。

   (1)社会福祉を目的とする事業の企画・実施
   (2)社会福祉に関する活動への住民参加の推進
   (3)社会福祉を目的とする事業に関する調査や広報啓発
   (4)その他、社会福祉に関する事業の健全な発達を図るための各種事業

 

 

三次市社会福祉協議会の組織

社協は、地域の住民さん、福祉団体・施設、ボランティアグループなどを会員とする組織で、各地区の地域福祉推進について協議する『地区社協』と、社協全体の運営にあたる『理事会・評議員会』により構成されています。
これらの機関は、町内会・自治会、民生委員児童委員、ボランティア、福祉団体・施設の代表者や学識経験者などで組織され、住民さんの声が反映される仕組みになっています。
また、事業を実施する事務局は、市民の福祉活動の支援や、福祉サービスの提供を行う『市社協支所』と、各地区の事業調整や受託施設の管理などを行う『本所』により構成されています。

 

 

 

三次市社会福祉協議会の財源

社協は、社会 福祉を推進する民間の団体です。その活動のための経費は主に、会員からの会費や共同募金の配分金、寄付金などがあてられます。より充実した活動を行うこと ができるよう、皆様のご理解・ご協力をいただき、これらの財源を少しでも多く確保することが社協の課題です。

 

会員会費

社協は会員組織です。主旨に賛同された住民の方々、団体に、会員となって資金面で支えていただけるようにお願いしています。

共同募金配分金

赤い羽根共同募金運動で集めた募金は、他の福祉団体・施設と同様に市社協地域福祉事業へ配分され、事業費の一部に充当しています。

寄付金

バザーの売上、職場での募金、企業の社会貢献、生活改善運動(香典返し)など、社会福祉に役立ててほしいという住民の自発的な寄付金です。

補助金

三次市や広島県社協から交付される人件費、運営費としての補助金があります。

受託金

行政が行うよりも民間の社協の方が、柔軟かつ効率的に運営が出来る公的サービスなどの事業を実施するための委託金です。

事業収入

ホームヘルプサービス、デイサービス、ケアマネジメントなどの介護保険事業収入があります。

 

トップページへ