>
>
資金貸付


資金貸付

 

生活福祉資金    

収入が少なく、他からの借り入れが困難な家庭や、身体障害者のいる家庭の生活向上などのために、各種資金の貸付を行っています。

民生資金

収入が少なく、他からの借り入れが困難で一時的に生活費が必要な家庭に、小口の生活費の貸付をおこなっています。

 

 

生活福祉資金貸付制度 

 低所得者、障害者又は高齢者に対し、資金の貸付けと必要な相談支援を行うことにより、その経済的自立及び、生活意欲の助長促進ならびに在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的としています。


総合支援資金 生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用
住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
一時生活再建費 生活を再建するために、一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用
教育支援資金 教育支援費 高校・大学等に就学するのに必要な経費
就学支度費 高校・大学等への入学に際し、必要な経費

 

 

福祉資金 福祉費 日常生活を送るうえで、または自立生活に資するために一時的に必要と見込まれる費用
緊急小口資金  緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合の少額の費用 
不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金

一定の居住用不動産を所有し将来にわたりその住居に住み続けることを希望する高齢者世帯もしくは要保護の高齢者世帯に対して、当該不動産を担保として生活費を貸し付ける資金

要保護世帯向け

不動産担保型生活資金

 

 ※生活福祉資金制度を詳しく知りたい方は 【広島県社会福祉協議会】 のホームページをご覧ください。

                                                                 

ページトップへ

 

 

 民生資金貸付制度

  何らかの原因で一時的に生活費が不足となった低所得世帯を対象として、貸付限度額5万円以内の小口の貸付を行っています。

 

 ■ 条件等

次の全ての条件を満たす世帯。

1. 被保護世帯に準ずる低所得世帯であること。
2. 三次市に6ヶ月以上居住していること。
3. 他からの融資を受けることが困難な世帯。

 ■ 貸付限度額

50,000円以内

 ■ 償還の方法         と期限

借り入れの翌月から10ヶ月以内に一時払いまたは月賦払い。

 

 ■ 貸付金の利率

無利子

 ■ 連帯保証人

1人(市内在住、65歳未満、生計独立、借受申込者と別世帯であること)

 ■ ご相談方法

借り入れを希望する方は、地区の民生委員・児童委員または

市社協の各支所、本所総務課にご相談ください。

 ■ お問合わせ 市社協の各支所または本所総務課へ

                                                                 ページトップへ